PTNA STEP 那覇秋季地区 「お話と音楽」

暑い夏がようやくおさまって、庭では鈴虫の声。
秋の気配でほっとしています。

9月末の連休に、生徒さん方が参加する那覇のピティナステップに同行して
実施事務局企画による「音楽と朗読」でピアノを弾くことになりました。

お話は、宮沢賢治の「やまなし」です。

小学校で、40年以上にわたって教材として親しまれているお話です。
8年ほど前に、このお話にあうように音楽をつけました。
お話と朗読は、以前小学校で5年生の生徒さんの朗読とあわせたことがありますが
京都以外の舞台は初めてです。

今回の朗読は久行順子(ひさゆきじゅんこ)さん。プロの方です。

那覇パレットステーション 
実施事務局企画 「お話と音楽」

 宮沢賢治作:「やまなし」 
    作曲:松田紗依

  朗読:久行順子  ピアノ:松田紗依 

♪2018年9月23日(日)午後
場所:パレット記念劇場
沖縄県那覇市久茂地1-1-1パレット久茂地9階
モノレール「県庁前」下車徒歩1分
https://www.google.com/maps/place/26%C2%B012'49.8%22N+127%C2%B040'45.2%22E/@26.213823,127.6770353,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d26.213823!4d127.679224


***久行順子(ひさゆきじゅんこ)プロフィール
長崎県壱岐市出身
10歳の時に入った子ども劇場をきっかけに舞台活動に関わり始める。
 大学卒業後、福岡を拠点とする劇団「オフィスサーカス」結成。
堤亮二のオリジナル作品の他、多様なジャンルの戯曲制作、出演。
音楽イベント、コンサート、こどもミュージカル等の制作。
2013年沖縄移住
沖縄県立博物館美術館主催の地域連携劇「太陽のキャンパス~ニシムイ~」出演他、
 おきなわ芸術文化の箱主催、「なは街ナカ演劇シリーズ」に制作として参加。
「朗読劇 たつ」「龍の子太郎」「人間椅子」「罪の名前」等の舞台、琉球銀行CM等に出演。